2009年05月13日

お酒は肌に良いの?

3月は送別会、4月は歓迎会、そこに同僚の昇進祝いやら友人の結婚式、気がつけば宴会が続く日々を送っていませんか?

二日酔いするわ、お腹回りは気になってくるわ……。
毎回、付き合いもあってか、ついつい飲みすぎてしまっていませんか?

女性の方が気になるのは過度のアルコールの摂取によるお肌への影響です。
「お酒は肌に良い」なんてことをよく聞きますが、それって本当でしょうか??

実際のところ、お酒を飲んだ翌日はお肌がむくみがちになったりするので、とても飲酒がお肌に良いとは思えません。

お酒を飲んだ翌日に肌がむくまないためには、飲み会の場でちょっとした工夫をするだけでOKです。
まずは、お酒と一緒にチェイサーを定期的に飲むこと。
おつまみは揚げ物は控えて、肝臓を守るためにチーズなどの高たんぱく質のものを摂るようにしましょう。
特に、歯ごたえがあって満腹感もえられる野菜スティックは、同時に水分補給もできるので、お肌のためにはオススメの一品だそうです。

アルコールの摂取量を適量に抑えることも大切です。
飲酒の適量なんてものは個人個人のアルコール代謝にも影響され、明確に分かるものではありませんが、「翌日に影響が出ない程度の飲酒」が自分の飲酒の適量だと思ってもいいかもしれません。

アルコールの摂取によってダメージを受ける肝臓は、代えのきかない大切な臓器です。
健康的に楽しくお酒を飲みたいものです。

適度なアルコール量でストレスを発散すれば、確かに「お肌に良い飲酒」になるかもしれません。
アナタも翌日に響かないお酒の飲み方をマスターして、お酒を楽しみましょう。
posted by しーさー at 15:19| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。