2009年05月13日

デジタルカメラで心霊写真撮影は無理?

昔はテレビでよく見かけたんですが、最近はあまり見かけなくなりましたね。
……「心霊写真」。

近頃あまり聞かなくなった心霊写真のウワサですが、これがデジタルカメラの普及とかかわりがあることはご存知ですか?
最近では、皆がカメラ付き携帯電話を持っていますよね。
逆に、カメラが搭載されていない携帯電話の方が珍しいぐらいです。
デジタルカメラも普及し、高性能なものが市場に出回っています。

このように、昔よりも写真を撮影する機会が増えているのだから、単純に計算すれば、その分心霊写真に遭遇する可能性も高くなるのでは?
カメラが高性能なものになり、画質も向上しているので、霊がキレイに写ってもおかしくないのでは?

と、数多くの疑問が出てきましたが、心霊写真はデジカメでは撮影できないんでしょうか?
動画共有サイト「YouTube」で心霊動画などを検索すると、その多くは携帯電話で撮影されたものでした。
ネット上で、プリクラに霊らしきものが写りこんでいた、という話を見かけたこともあります。

このように、テレビやネット上で見かける霊らしきものが写りこんでいる写真や動画は、その画像が小さなサイズであったり、画質が粗かったりすることが多く、はっきり写っているものはほとんどありません。

携帯電話のカメラ機能やデジタルカメラの普及によって、心霊写真や心霊動画といったものは捏造されやすくなりました。

心霊系の動画や写真は画質が粗ければ、それがまた恐怖をそそる要因の一つにもなるので、高画質過ぎないこと、簡単に捏造できないものであることが暗黙のルールみたいですね。
posted by しーさー at 17:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。