2009年05月16日

井筒昭雄 若手作曲家

ふとした拍子に口ずさんでしまうCMソングってありますよね。
わずか数10秒の日本のテレビコマーシャルですが、耳について離れない魅力はすごいです。

若手のフリー作曲家「井筒昭雄」さんをご存知でしょうか?
名前を出したところで分からない人のほうが多いかもしれませんが、井筒さんの曲は、みなさん必ず耳にしているはずです。

例を挙げると、コカ・コーラの「Baby Coke」や、アサヒ飲料の「Spo-Vege」、森永の「ウイダーinゼリー」に、サントリーの「フラバン茶」などです。
井筒さんは、これらのような数多くのCM用音楽を手がけています。

井筒さんの作曲はCMの場に留まらず、数々の大人気ドラマでも作曲を担当しました。
そのなかに、あの「ブラッディ・マンデイ」や「ラスト・フレンズ」などもあります。

各々のドラマのサントラCDは、その内容のクオリティの高さから大きく売り上げを伸ばしています。
ここで驚きなのが、井筒さんが手がけたドラマのサントラCDには、ドラマ主題歌が収録されていないということです。
ドラマにおいて一番耳に残るであろう番組の看板と言っても過言ではない主題歌が収録されていないのにも関わらず、ここまで売り上げを伸ばしていることが井筒さんの曲が受け入れられていることを物語っています。

ちなみに、井筒さんはミュージシャンでもあり、あらゆる楽器の演奏を一人でこなすことができます。

アナタもCMやドラマで気になるBGMがあるのなら、ネットでその曲の作曲家を調べてみてはいかがでしょうか?
思わぬところで好みの作曲家さんに出会えるかもしれません。
posted by しーさー at 11:17| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。