2009年05月19日

豚インフルエンザ 予防策

今日本で最も大きな騒動と言っても過言ではない「豚インフルエンザ」の流行。
現在、近畿圏内において感染が広まってきており、東京都内では未だ感染者は見受けられませんが……。

どんどん広まりつつある豚インフルエンザ、予防策として最もポピュラーなのがマスクを着用することです。
近畿圏内だけでなく、東京でもここ数日でマスクを着用している人を街中で多く見かけるようになりました。

薬局ではマスクの品切れが相次ぎ、この騒動は留まることを知りません。
この豚インフルエンザの流行に応じて、マスクを大量に購入した方も少なくないと思います。

実は、マスクというのは「一度外してしまえば終わり」なのです。
よく何回も着けたり外したりしている人がいますが、それでは何の予防策にもなりません。
洗ってもう一度使用する場合は、菌を殺すことができるので有効ですが、一度マスクを外したら、なるべく違うマスクを着用し直すことにしましょう。

そこで気になるのが、「インフルエンザってマスクで防げるの?」という素朴な疑問。
実際、完全ではありませんが、かなり有効な予防策であることには間違いありません。

風邪の菌もそうですが、インフルエンザウィルスは多湿を嫌います。
マスクをしていれば呼吸するたびに呼気に含まれる湿気がマスクのなかでこもります。
これによって咽頭、鼻腔へのウィルスの侵入を防ぐことができるのですね。

あまりマスクを着用する習慣のない国では、間違った使い方をしているところもあるみたいですが……。
アメリカなどでは、報道機関において「マスクに予防効果は無いので着用は無意味」などと報道されているそうですが、これは誤りです。

皆さんもインフルエンザ対策のための知識を十分に身につけ、正しい予防策で外出するように心がけましょう。
posted by しーさー at 10:27| 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。