2009年05月19日

インフルエンザ マスク

急速に広まりつつある新型インフルエンザ「豚インフルエンザ」。
まだ東京都内で感染者は無く、近畿圏内での流行が大きいようですが、各地の薬局でマスクの品切れが相次いで起こっています。

マスクを使う習慣のあまりない海外では間違った報道がされていることが多くあるそうですが、インフルエンザ対策にもマスクは有効です。
完全とまではいきませんが、インフルエンザウィルスは風邪の菌と同じで多湿を嫌います。
マスクを着用することで呼気がこもるため、口・鼻からの感染の可能性を低くすることができます。

ここで気になるのが、果たして自分が使用しているマスクがインフルエンザに効果のあるマスクなのか??

実は安い綿マスクだったりすると、菌がマスクを通り抜けて入ってきてしまいます。
もちろん呼気がこもることである程度の予防にはなるでしょうが、できれば高規格のマスクを着用されることをオススメします。

そこで、今年人気のマスクが「N95」というマスクです。
このマスクは、細菌、ウィルス、結核、SARSの対策用に本格的に作られているので、インフルエンザウィルスにも効果を発揮します。

N95マスクは顔面にフィットするので、空気感染予防には最適なマスク。
その分お値段も少々張っていますが、インフルエンザ対策としてはお値段以上の効果を発揮しそうです。

といっても、空気感染病流行時には売れに売れる高規格マスク。
既にこの流行具合ですので、こういったマスクを手に入れることは困難かもしれませんが……。
posted by しーさー at 10:39| 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。