2009年05月19日

逆DV ドメスティックバイオレンス

かつては優しかったあの人が、近頃すっかり変わってしまった。
景気が悪くなり、給料が減ったからだろうか。
最近は、ものまで投げつけられる始末、今日も帰宅時間になると憂鬱になってしまう……。

皆さんご存知のDVこと「ドメスティックバイオレンス」。
しかし、近頃は妻からの「逆DV」に悩まされている男性が増えているってご存知でしたか?

お小遣いも僅かになり、値上げを交渉すればもっと稼げと怒鳴られる。
残業から帰ってきても、自分のご飯はなく、妻は既に夢の中……。

「逆DV」とは、その名のとおり女性から男性への身体的・および精神的虐待のことです。
もちろんDVといえば、通常男性から女性へのものが多いのですが、これとは逆のパターンで男性が女性から被害を受ける例が最近増えているそうです。

男性側が被害者の場合は、女性が被害者の場合と違って周りの理解が得られにくいです。
なかなか相談しづらいですし、逆DVの事実が表面化しないことが問題です。

都の調査分析によると、逆DVに悩まされている男性のうち精神的暴力を受けた人が約9割、身体的暴力を受けた人も約7割にまで及ぶそうです。

もちろん逆DVのように、男性が被害者のケースでも、女性のケースと同様にDV防止法で守られています。
ですので、裁判所に保護命令の申し立てをすることが可能ですが、やはり相談しづらいのが現実のようですね。

配偶者暴力相談支援センターは、各都道府県に置かれています。
男女問わず、DV被害に悩んでいる場合は一人で抱え込まずに即座に相談に行きましょう。
posted by しーさー at 12:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。