2009年05月20日

凹カステラ クリームがとろり

今大人気のスイーツ、「凹カステラ」ってご存知でしょうか?
先月、港区麻布十番にカステラを主なメニューとする「(窯)ハレノヒ」というお店がオープンしました。

凹カステラは、16世紀末、室町時代にポルトガルの宣教師によって種子島に伝えられ、現在のカステラとなったレシピをヒントに作られたものです。
焼きたてのカステラは普通、ふんわりと膨らみますが、この凹カステラは、数分後には少しずつ真ん中がへこんでいくので、これが名前の由来になっています。

真ん中の凹部分にナイフを入れると、卵のクリームがとろりと出てきて、何ともいえない食欲をそそります。

このお店、1/4サイズ(350円)から購入することができるので、とても良心的です。
もちろんホールサイズも用意されていますし、1/2サイズもあります。
テイクアウトすることもできるので、お土産にも喜ばれそうですね。

また、店内飲食の場合はトッピングとして「ホイップ&キャラメルソース」や「アイスクリーム&自家製ラムレーズン」などがあります。
同店いわく、凹カステラはそのまま食べてもトッピングをつけても楽しめるシンプルで美味しい味だそうです。

もちろんメニューはカステラだけでなく、シーザースサラダやニース風サラダにパンとコーヒーが付いたモーニングやランチセット、ディナータイムのメニューもあります。

麻布十番駅より徒歩約2分の場所に位置する2階建ての一軒家。
ルーフテラスも完備されたこのお店に、今話題のスイーツを食べに出かけてみませんか?
posted by しーさー at 13:45| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。