2009年05月23日

古民家再生

今「古民家再生プロジェクト」が広がっています。

古民家再生とは、その名のとおり古い民家を再生すること。
地方には、日本の伝統や地域の歴史を伝える古民家がまだ数多く残っています。
太くうねった梁、大きな大黒柱に、匠の技によって彩られた格子や欄間など、古民家独特の姿は現代の私たちの心をも魅了してやみません。

古民家再生プロジェクトでは、こうした貴重な財産を守り、後世に伝えていくことを目的、大きく言えば現代に生きる私達の使命であると考えています。
古民家は、地域の魅力を高めるものでもあると考え、この美しい姿を後世にも伝えて行きたいという思いから、このプロジェクトが開始されました。

最近になって特に注目されるようになったこのプロジェクトですが、実は4年前に開始し、既に130件を超える古民家が再生されています。

また、古民家リフォーム見学会を行い、住み継いで行くところまでがこのプロジェクトです。
なかには500名を超える見学者を集める物件もあり、多くの人々に古民家の魅力を伝えています。

一昨年には「よんでん和み館」がオープンし、これまでに約13000人ほどの来館者を迎えるほどの大人気です。

もちろん古民家といえど、現代の人が不自由なく生活できるようにリフォームされているので、その魅力はそのままに、住み心地は快適です。
台所やお風呂などの水廻りはもちろんのこと、バリアフリー化や耐震にも余念がありません。

特に台所のIHクッキングヒーターは、住む人にとっても便利ですし、火を使わないことから古民家を守るのに適しています。

魅力はそのままに住み心地良く、現代によみがえった古民家。
あなたも一度見学に訪れてみてはいかがでしょうか?
posted by しーさー at 11:06| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。