2009年05月23日

電石マスク インフルエンザ対策

今日本を最も騒がしていると言っても過言ではない「新型インフルエンザ」。
ついに東京都内でも感染者が出てしまい、全国的に対策が進められています。

最初に感染者の出た関西圏ではほとんどの学校が休みになり、薬局ではマスクの売り切れが相次いでいます。
インフルエンザウィルスは安物のガーゼのマスクなどを着用しただけでは、マスクを通り抜けてしまいます。

やはり高規格なマスクを使用したいところですが、時既に遅く、そんなマスクはどこに行っても売り切れ……。
お近くの薬局でマスクが手に入らない場合、ネット通販を利用してみるのもいいかもしれません。

インフルエンザウィルスは湿気を嫌うので、安物のガーゼのマスクでも、呼気が篭ることによって何もしないよりは効果があるかもしれませんが、やはりきちんとしたマスクを着用したいものです。

そこでオススメなのが、今話題の「電石マスク」です。
電石マスクは、3層構造で高いフィルター効果をもつ使い捨てマスクです。
花粉を防ぐことで有名ですが、バクテリア・ウイルスにまで有効なフィルター性能も確保しています。

通気性も良く、長時間使用や着用時の会話も楽にできます。
フィット感もあまり違和感を感じさせないように作られており、それでいてインフルエンザウィルスもしっかり吸着、除去できます。

お値段も他の高規格マスクに比べて非常にリーズナブルですし、このマスクならコストパフォーマンスも期待できそうです。
見かけた際には、ぜひ購入しておくことをオススメします。
posted by しーさー at 12:07| 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。