2009年05月23日

発熱外来 新型インフルエンザ

外国人がバカにするほど日本が躍起になって取り組んでいる「新型インフルエンザウィルス」への対策。

確かに新型インフルエンザに何の対策も打っていない外国人が、日本に来てマスクだらけの日本人を見れば、それは笑いものにするのも分からなくもありませんが……。

話は戻り、今話題の新型インフルエンザ。
予防策や症状は主に従来のインフルエンザと何ら変わりはありませんので、何も新型だからといって大騒ぎすることでもないのですけどね。

しかし、もし自分が発熱してしまい、もしかしてこれって新型インフルエンザ?と疑わしい状況になってしまった場合、どうすればいいでしょうか?

そんな状況に陥ったあなたがまず取るべき行動は、お近くの医療機関に連絡を取り、自宅待機をすることです。
直接普通の外来で受診しようと病院に向かったのならば、そこで誰かを感染させてしまう恐れがあります。

特に今の時期に発熱してしまった場合は、他の患者さんから隔離された場所で外来診察を受けましょう。
このシステムが今ニュースなどでも見かける「発熱外来」です。

もちろん、新型インフルエンザ感染・発症を否定されれば通常の外来での診察になります。
もし新型インフルエンザに感染・発症してしまっていた場合は、感染症指定医療機関等に入院させられるなどの措置が取られます。

隔離と言われると人をばい菌みたいに扱っているみたいで聞こえは悪いですが、これもこれ以上感染を広げないための僅かな努力です。

もし今の時期に発熱してしまった場合は、通常の外来で受診せず、発熱外来で受診するようにしましょう。
posted by しーさー at 12:20| 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。