2009年05月23日

茶カテキンの効能

テレビなどでもよく耳にする「茶カテキン」。

健康に良いのは分かっているのだけど、具体的にどういう効能があるの?
そんな疑問をお持ちの方も少なくないと思います。

茶カテキンには、実に豊富な成分が含まれており、それが健康面で大きな効果を発揮してくれます。

有名な効能の一つに、血中コレステロールを低下させる働きがあります。
血中コレステロールを低下させることによって、動脈硬化などの生活習慣病を予防することができます。

また、老化を促進させてしまう活性酸素を除去する抗酸化作用や、脂肪の吸収を抑えて体脂肪の低下に貢献する作用があり、健康だけでなく美容面での効能が期待できます。

もちろん、血圧の上昇を抑制する作用、血糖値の上昇を抑制する働きもあるので、高血圧や糖尿病などの予防・症状改善に役立つとも言われています。

このように、ここでは挙げきれないほど数多くの効能がある茶カテキン。
お茶を飲むだけでこんなにも多くの効能が得られるなんて、手軽で画期的だと思いませんか?

青汁などは人によって好き嫌いがあるかもしれませんが、お茶が苦手という人はそうそういませんよね。

上で挙げたように、生活習慣病予防、老化防止、脂肪低下でメタボ対策、血圧や血糖値が気になる方にもオススメです。

また、高温のお湯で時間を長めにかけてお茶を出すことで、カテキンがたくさん抽出されるので効果を上昇させることが可能です。
これによって旨味成分であるテアニンも同じく豊富に抽出されるので、美味しく健康的に飲むことができます。

サプリメントと違い、お茶なので1日に数回飲んでも大丈夫な。
特別なルールもなく、試しやすいのでぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?
posted by しーさー at 12:32| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。