2009年05月23日

咳エチケット

今や毎日テレビで見かけないことがない「新型インフルエンザウィルス」。
一躍有名菌となったこのウィルスですが、遂に東京都内でも感染者が出てしまいましたね。

そこで今注目されている「咳エチケット」というものをご存知でしょうか?
名前から想像は容易だと思いますが、咳やくしゃみをする際のエチケット・マナーのことです。

当たり前ですが、咳やくしゃみをしているときは、マスクを着けましょう。
マスクを着けることによって、風邪やインフルエンザウィルスの飛沫感染を防ぐことができますし、同時に鼻や喉を乾燥から守ります。

特にインフルエンザウィルスなどは乾燥を好み、湿気を嫌います。
マスクをすることによって呼気がこもり湿気がうまれるので、マスクはインフルエンザウィルスへのある程度の予防策にはなるでしょう。

咳エチケットの具体的な内容ですが、マスクが無いときに咳、くしゃみをする際は、ティッシュなどで口と鼻を押さえ、他人から顔をそむけて1m以上離れるようにしましょう。
押さえた手は、すぐに石けんを用いて洗うべきです。

鼻水、痰などを含んだティッシュはすぐにフタ付きの専用のゴミ箱に捨てましょう。

これは少し気まずいのですが、咳をしている人にマスクの着用をお願いするべきです。
そうは言っても、見ず知らずの人にいきなりマスク着けろなんて言うのも気が引けますよね……。

使用するマスクは、病院などで実際に使用されている、透過性の低い「サージカルマスク」が望ましいです。
もちろん、通常の市販マスクでもウィルスの拡散、もしくは透過をある程度は防ぐ効果があるでしょう。

マスクを着用しているからといって、ウィルスの侵入を完全に予防できるわけではありません。
しかし、何もしないよりは確実に効果があるので、気になる方は必ず着用するようにしましょう。
posted by しーさー at 12:52| 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。