2009年05月23日

山の手CD JR東日本山手線車内&駅ホーム自動放送完全オリジナル音源集

今話題の通称「山の手CD」ってご存知でしょうか?
正式名称は「JR東日本山手線車内&駅ホーム自動放送完全オリジナル音源集」なんて長い名前みたいですが……。

山手線すべての駅の自動案内がクリアな音質で収録されているそうで、マニアには溜まらない……のですかね。

もちろん、内回り外回りとも収録されており、 英語の車内放送まで入っているそうで、なかなかのこだわりをみせているみたいですね。

ただ、この商品を大手インターネットショッピングサイト「Amazon.co.jp」で見かけたのですが、CDのアーティスト欄がこのようになっていました。

三浦七緒子
津田英治
向山佳比子
クリステル・チアリ
効果音

「効果音」って……。
アーティストというか、これらの人物がホームの自動放送を手がけている人たちなのですね。

話題の人気商品なだけあって、実際に購入された方も数多くいるようです。
レビューを書いている人もいたので、その中から自分が気になったものを少し取り上げてみようと思います。

ATOS放送で男声女声ともある、駅名連呼があるのが良い点。
悪い点は、放送が早すぎ、切らないで言っているところ。
「黄色い線まで」の黄色いと言うところがブチッと一時切れるところ。
山手線に限られているので、以降の作品では色んな路線を入れて欲しい。

自動放送には、乗り換え案内のあるタイプと、混雑時などには乗り換え案内を省略した放送があり、このCDは乗り換え案内を省略したものは入っていないので、ぜひとも次号に期待する。

などなど、やはりファンの人の目は厳しいですね。
posted by しーさー at 13:15| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。