2009年05月29日

1Q84 村上春樹

有名な作家、村上春樹(60)さんが、五年ぶりに新作長編「1Q84」を書き上げましたね。
村上春樹さんといえば、1987年に発表された「ノルウェイの森」が上下巻で430万部を超えるベストセラーとなったことをきっかけに、村上春樹ブームを引き起こしたことで有名です。

村上さんの作品は、その多くが教科書に掲載されるなど「ノルウェイの森」以後、国民的支持を集めています。

村上さんの数ある作品のなかでも、「羊をめぐる冒険」や、「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」、「ねじまき鳥クロニクル」に、「海辺のカフカ」など、これらの作品も「ノルウェイの森」に匹敵するほど人気です。

その人気は日本国内だけでは収まらず、海外でも人気が高いそうです。
世界文学へ貢献した作家に贈られるフランツ・カフカ賞を受賞した村上さんは、ノーベル文学賞の有力候補とも見なされている実力、人気、知名度を兼ねそろえた日本を代表する作家なのです。

そんな村上さんの5年ぶりの新作長編「1Q84」が、首都圏で先行発売されましたが、これに続いて、ゆかりの地である神戸・阪神間の各書店でも店頭に並び、話題を呼んでいます。

「1Q84」は、一切事前に内容を宣伝していなかったこともあり、早くから話題を呼んでいた作品です。
大反響に、版元は発売前から異例の増刷を決定したそうです。

初回配本の100冊は1日のうちに完売する勢いだったそうですよ。
村上春樹ファンの皆さんも、そうでない方も、これを機に彼の作品を読んでみてはいかがでしょうか?
タグ:1Q84 村上 春樹
posted by しーさー at 17:39| 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。