2009年05月31日

ロハス LOHAS

最近よく見かけるようになったビジネス用語に「LOHAS(ロハス、ローハス)」というものがあります。

ロハスとは、簡単に言えば、健康と持続可能性のライフスタイルのことです。
健康や環境問題に関心の高い人々のライフスタイルを営利活動に結びつけるために生み出されたビジネス用語で、今話題になっている若者の農業への関心の高まりなども、これにつながります。

日本では、似たような言葉にスローライフやエコなどがありますよね。

対してこのロハスという言葉、どういうときに使うのでしょうか?
主に、健康や癒し・環境やエコに関連した商品やサービスなどのことを総称してロハスと呼ぶそうです。
また、ロハス的な事・物に興味を持つ人のことをロハスピープルとも呼ぶのだとか。

ロハスピープルは、エコや健康、自己開発や社会的責任をもって意識的な消費を心がけるそうです。
つまりは、消費者として不要な物は買わないなど、きちんと考えて消費活動を行うということですね。
また、ロハスピープルはマスコミなどをアテにせず、専門家の意見を重視する傾向にあるとのこと。

ロハスといえば最近よく耳にする言葉ですが、その実態は昔から言われ続けていることのような気もしないでもないですが……。

今やロハスを支持する人も増え、ロハスに関する書籍、ラジオ番組まで多数登場しているみたいです。

スローライフでエコなロハス、気になるあなたはこれらの書籍やラジオ番組をご覧になってはいかがでしょうか?
posted by しーさー at 10:38| 仕事・スキル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。