2009年06月20日

男性型脱毛症 AGA 1200万人

ベルトの上に乗っているお腹、少なくなってきた髪のボリューム。
中年男性の悩みは尽きぬばかりです。

メタボ解消のためには痩せればいいわけで、食生活の改善したり運動をしたり、それなりの解決策は思いつきますが、頭髪の問題は自分で解決できるでしょうか?

頭髪に悩みを抱えている皆さん、AGA「Androgenetic Alopecia」ってご存知でしょうか?
早くも頭髪の問題対策に乗り出している方はもちろんご存知でしょうが、これは「男性型脱毛症」のことを指しています。
男性型脱毛症とは、成人男性にみられる髪が薄くなる症状全般のことで、医学的には遺伝や男性ホルモンの多さが影響しているといわれています。

今や女性でも発症する危険性があるという男性型脱毛症、実はAGAの人は全国で1200万人以上もいるのだそうです。
そのなかでも頭髪に対して何らかのケアを行ったという人は半数ほどしかいないそうで、皆さん薄毛を気にしている割には何の行動も起こさないパターンが多いようです。

もちろん今まで通りの生活を続けたところで薄毛が解決するワケがありませんし、より一層症状が悪化するのがオチです。

そこで対策を取りたいという積極的な皆さんにオススメなのが、フィナステリド錠という錠薬です。
薄毛の治療といえば、代表的な方法に正しいシャンプーの仕方、自分に合ったシャンプー選び、育毛剤の利用などが挙げられますが、医学的に抜け毛の原因がはっきりしてきた現在では、この飲むタイプの治療薬が開発されて大人気です。

もちろん即効性があるわけではありませんが、抜け毛の抑制や改善が期待されるので、毎日続けることが大切です。
飲み薬ですので、育毛剤などと違って簡単に続けることができるのが人気の理由の一つではないでしょうか?

あなたも勇気を振り絞って、お医者さんでAGAの治療を始めてみませんか?
何も行動を起こさなければ、あなたの抜け毛はもっと酷くなるかもしれませんよ!
posted by しーさー at 10:30| 発毛・育毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。