2009年06月20日

猫が帰ってこない理由

ネット上で「猫が帰ってこない理由」というテーマについて討論されているのを発見しました。
どうやら普段は家の近所で遊んですぐに帰ってくる飼い猫が、ここ数日家に戻らないので心配で心配で仕方ないというのです。

帰ってこなくなった理由としては、どこかに間違って閉じ込められてしまっている、誰かに拾われて育てられている、保健所に引き取られてしまった、交通事故……などが挙げられますよね。

日本では昔からの習慣なのか、猫を放し飼いしている家が多いですよね。
自分も以前に猫を飼っていましたが、放し飼いは断固反対派です。

もちろん、上に書いたようなトラブルが起こってしまう危険性がかなり高いからです。

人間、皆が皆良い人であるわけがありません。
猫や犬に毒を盛る悪質な人もいれば、誰かに拾われてしまうのも問題でしょう。

拾った側は野良猫と勘違いしてこれから大切に育てようとするのに、突然飼い主が現れて、ウチの猫なんで返してくださいというのも酷い話です。
間違って引き取った保健所にも文句は言えませんし、交通事故なんて一番可能性が高いです。

よく道路の真ん中で車にひかれてしまっている猫を見かけますが、あんなに痛々しくかわいそうなものはありません。
野良猫にエサをやって飼い主気取りなのもよくありません、エサを与えるなら、責任を持ってその猫を飼いましょう。

飼い主が考えを変えるだけで、悲しい思いをすることになる猫は格段に減ると思います。
これは猫に限らずペット全般に言えることですが、皆さん責任を持って飼ってあげましょう。
【関連する記事】
posted by しーさー at 10:42| ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。