2009年06月24日

たねまる 横浜

皆さん、今話題になっている「たねまる」というキャラクターをご存知でしょうか?
「たねまる」とは、横浜の新たなPRキャラクターです。

たねまるは、横浜開港資料館の中庭にある「タマクスの木」の精で、「150年前、海の向こうから黒船がやってきて、日本が開国・開港したときから、ずっと日本を見守ってきた」という設定なのだとか。

150年間ずっと日本を見守ってきた、たねまるには、次の150年に向けて新しい種を乗せ出航するという意味が込められているそうです。

公式プロフィールによると、葉で光合成をするエコなヤツであり、なんと彼女までいるらしいです。
画像を見せられないのが残念ですが、大きな目玉に細い手足、頭上には双葉があり、全国各地のゆるキャラのなかでも今最も注目を集めているキャラクターです。

そんな新たなゆるキャラ「たねまる」を生で見たいのなら、開港150周年記念テーマイベント「開国博Y150」で盛り上がる横浜に行きましょう。
横浜港の過去から未来までを体感できるイベントが目白押しの、港町の魅力を堪能できるベイサイド・赤レンガ倉庫の近くに、公式記念品を販売しているショップがあるそうです。

ショップに並んでいる「たねまる」グッズは大盛況で、年齢、性別を問わず多くの人が購入していくそうです。
ぬいぐるみ、文房具、トートバッグを始め、タオルにハンカチ、傘、ネクタイ、扇子、タンブラーなどその数驚きの1500品種、2500品目にわたるグッズのバリエーション。
全部集めるつわものファンもなかにはいるのでしょうか?

実は「たねまる」、彦根市の大人気キャラ「ひこにゃん」や、北海道の有名キャラ「まりもっこり」ともコラボしており、勢いはここだけに留まらず、国民的人気キャラクター、サンリオの「キティ」ちゃんともコラボしているそうですよ。

他にも色々なキャラクターとコラボし、急速に人気を集めている「たねまる」。
あなたもきっと、たねまるのとりこに?
posted by しーさー at 18:21| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。