2009年06月24日

ぐしけんくん 沖縄 琉球FC

皆さん、言わずと知れた沖縄出身の元ボクシング世界チャンピオン、郷土の英雄的な存在である具志堅用高さんをモデルとしたキャラクターが誕生したのをご存知でしょうか?
その名もズバリ「ぐしけんくん」。

このキャラクター、モデルが具志堅さんということでボクシング関連の何かのPRキャラクターなのかと思えば、実はボクシングは関係なく、サッカー。
元日本代表監督としておなじみの、フィリップ・トルシエさんが監督を務めるサッカーチーム「FC琉球」のマスコットキャラクターなのだそうです。

とはいえ、キャラクターの造りは具志堅さんそのもの。
本人そっくりの顔をしており、アフロも健在、FC琉球のユニフォームを着ているものの、その両手にはグローブが。
これで「ぐしけんくん」も全国のゆるキャラの仲間入り?

地元サポーターを中心に話題を集めている「ぐしけんくん」ですが、FC琉球の広報担当者いわく「激しい動きで応援するので、アフロ部分も取れないよう素材は工夫しております」とのこと。

今までのサッカーや野球などのオフィシャルマスコットといえば、その地方の有名な建築物や、動物、植物などをモチーフとしたものが一般的だったのですが、FC琉球は、前例のない実在の人間を元にしたキャラクターを制作しましたね。

以前の公式試合には具志堅さん本人が登場し、「ぐしけんくん」と共に応援していました。
具志堅さん本人も「ぐしけんくん」の出来に非常に満足しているようで、「ぐしけんくん」の背番号13は、具志堅さんが樹立した世界戦防衛記録13回から取っているのだとか。

FC・琉球といえば、あの動画共有サイト「ニコニコ動画」とスポンサー契約を結ぶなど、数々の話題を振りまいてきましたが、ここに来て実在人物のキャラクター化。
これからもFC・琉球の活動には注目ですね。
posted by しーさー at 18:29| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。