2009年07月28日

比例代表制とは 選挙

ついに衆議院が解散し、世間の注目を集めるニュースは「選挙」。
けたたましく名前を連呼する選挙カーが近所をうろつき回るシーズンがやってきました。

ところで、選挙関連のニュースでよく耳にする「比例代表制」とか、「小選挙区制」とか、皆さんちゃんと分かっているでしょうか?
中学、もしくは高校の授業で聞いたことがあるものの、今となっては何のことかサッパリ思い出せない……なんて人も少なくないのではないでしょうか。

そこで、今回は日本の選挙制度の分類について簡単に紹介しようと思います。
政治経済を受験科目に必要としている学生さんは分からないとマズいですよ!

まず、小選挙区制と大選挙区制がありますよね。
小選挙区制は、その名のとおりその選挙区からは当選者は一人しか出ません。
これに対して、大選挙区制では、その選挙区からは2名以上の当選者が出るワケです。

小選挙区制では当選者は一人しか出ないため、当選しなかった立候補者たちへの死票が多くなってしまい、国民の少数意見が反映されないというデメリットがあります。
一方、大選挙区制では当選者は二人以上のため、死票が少なくなり国民の少数意見も反映される傾向にあります。
しかし、選挙の費用がとてもかかってしまうというデメリットがあります。

大選挙区制の一種に「比例代表制」というものがあります。
比例代表制では、立候補者個人に投票するのではなく、自分が良いなと思った「政党」に投票します。
そして結果的に政党に集まった票ごとに、当選者の枠を配分していくというものです。

ちなみに「小選挙区比例代表並立制」とは、その名のとおり小選挙区制と比例代表性を一緒に行う選挙方法です。

選挙に無関心だった皆さんも、これを気に選挙について少し学んでみてはいかがでしょうか?
posted by しーさー at 10:30| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。