2009年08月19日

山本陽一 危篤

皆さん、俳優の山本陽一(40)さんをご存知でしょうか?

山本陽一さんといえば、1984年に映画「パンツの穴」で主演デビューしたことで有名ですよね。
女優である菊池桃子(41)さんとともに、主演デビューしたこともあってか、当時この映画は非常に話題になりました。

そんな俳優・山本陽一さんが、一時危篤状態に陥っていたことが16日に、明らかになったそうです。

山本さんは10日ほど前に、風邪によく似た症状が出たため、すぐに医者に行ったそうです。
そこでは軽い肺炎と診断されたものの、その後、病状が悪化したために再検査を受けたところ、今度は心筋炎と診断されてしまいました。

そのため、今月8月の9日より神奈川県相模原市にある北里病院のICU(集中治療室)に緊急入院していたのだそうです。

上にも書きましたが、一時は人工呼吸器を付けられるなど意識不明の危篤状態に陥ったそうです。
その後、何とか意識を回復した山本さんでしたが、今もなお予断を許さない状態が続いているようです。

所属事務所の発表によると「ウイルスが心臓に回ったようで、治療法は特になく、体力、気力にかけるだけです」と説明しているそうです。

今もなお予断を許さない状態が続いているということで、ファンにとっては心配で心配で仕方ない状況でしょう。
所属事務所の発表の通り、治療法が特に無いらしく、本人の体力・気力にかけるしかない状況のようですが、どうにか山本さんにはまだまだ頑張って欲しいですね。
posted by しーさー at 13:33| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。