2009年08月24日

中日 新型インフルエンザ マスク

今となってはもう一昔前の話のように思えていた新型インフルエンザウィルス。

当初「豚インフルエンザウィルス」と報道されたがために、「豚肉を食べると感染してしまうのではないか」という要らぬ不安を視聴者に与えたり、薬局からマスクが消え失せるなど、数々の騒動を巻き起こしてきた新型インフルエンザウィルスですが、この時期になっても未だ感染者が出ているようですね。

以前、このブログでも対策方法やマスクの選び方などを紹介しましたが、その対策は空港でマスクが配られるなど、かなり神経質になったもの。
外国では「新型インフルエンザウィルスにマスクは意味が無い」と報道しているところもあり、挙句には、日本に来た外国人には「日本では今何か映画の撮影でもやっているのかい?日本はこんなもののためにお金を使うのか」などとバカにされる始末です。

高校野球で盛り上がる甲子園でも、出場選手のなかに感染者が出てしまいましたよね。

そんななか、新たに中日2軍の選手やスコアラーら3人が新型インフルエンザに感染したのだそうです。
彼らは現在、自宅などで療養中で、試合後の落合監督への取材前には報道陣にマスクが配られました。

チームは明日25日からの首位巨人との直接対決を控えて感染者の拡大を防ごうと必死。
ナゴヤ球場に隣接する寮で暮らす1軍選手は市内のホテルに宿泊させ、2軍選手との接触も控えさせるようです。

西川球団の社長は試合後に「これ以上感染がまん延しないよう、最善の策を取りたい」とコメントをのこしたそうです。
posted by しーさー at 11:49| 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。