2009年08月25日

日本文理高校

皆さん、昨日の第91回全国高校野球の決勝戦を観ましたか?
新潟代表の日本文理と、愛知代表の中京大中京による、白熱の決勝戦が繰り広げられました!

まずは中京大中京が2点を先制、そこに次回から1点ずつ返し、日本文理が追いつく形で、試合は進みました。
中京大中京には1アウト満塁などのチャンスも巡ってきたのですが、2-2のまま試合は動きを見せませんでした。

しかし、6回の裏、中京大中京の攻撃で、なんと日本文理は痛い6失点。
次回に1点を返すも、その回の裏には更に2失点を許し、突き放される辛い試合になりました。

最終回、9回表の日本文理の攻撃回には、先発していたエースで4番、3年生の堂林翔太投手がピッチャーに戻りました。
2者凡退で早くも2アウトを取ったものの、そこからが日本文理の猛攻の始まりでした。

何度もフルカウントに追い詰められ、そこからファウルボールで粘っての出塁。
監督もたまらずピッチャーを変えましたが、最終的に日本文理は9-10まで追いついたものの、最後はサードライナーをアウトに取られ、中京大中京の優勝というかたちになりました。

漫画のような面白い展開を見せてくれた本当に良い試合だったのですが、ネット上で「日本文理の優勝のようなもの」と言われているのが気にかかります。
イマイチこう言っている人の意味が分からないのですが、点数は9-10で中京大中京の勝利です。

最後のサードライナーがあと少しズレていればと言う人もいますが、その前にも甘い打ち上げたファウルボールを中京大中京が捕り損ねたりしているので、こういうことを言い出したらキリがないと思うのですが……。

それに忘れているのかもしれませんが、先攻が日本文理だったので、9回で勝ち越していたところで勝利が決まっていたワケでもないですし。
変な言いがかりをつけないで良い試合を見せてくれた2校を認めてあげて欲しいものです。
posted by しーさー at 12:45| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。