2009年08月25日

訪問のマナー 玄関 和室

サラリーマンの皆さんなら、会社の先輩や上司のお宅。
主婦の皆さんなら、子どもの友達のお母さんや、習い事仲間、近所の方々のお宅にお邪魔する機会が少なからずあると思います。

そんな他人のお家を訪問するときのマナーをご存知ですか?
前回はお土産の選び方などを紹介しましたが、今回は訪問先にあがらせてもらうときのマナーを紹介したいと思います。

まず玄関では、靴を脱ぎ、スリッパを履き、そして靴を揃える、この一連の動作を流れるように行なうのがポイントです。
よく玄関で反対に向いて靴を脱ぐ人がいますが、あれはマナー違反です。
靴は一旦正面を向いて普通に脱いで上がり、次に斜めの向きで膝をつき、靴の向きを直して隅に置くようにしましょう。

お招き頂いたお礼もこのときに忘れずに。
おみやげは、すぐに冷蔵庫に入れて頂く物以外は、玄関で渡すことはありません。

次に、お部屋に通されたら、ここでも改めてご挨拶します。
その際に、家やお部屋など、相手のセンスを褒める言葉も、お伝えすると好印象をもたれます。

と、ここで挨拶の後、おみやげをお渡しします。
おみやげを渡す際は、変に「つまらないものですが……」などと言うよりは、選んだ理由をさり気なくお伝えするようにしましょう。

ちなみに、和室の場合は上座を勧められるまで、下座で座ってお待ちします。
その際、座布団から外れて座ります。
お部屋での挨拶と、おみやげをお渡しする際も、座布団には座らないようにしましょう。
posted by しーさー at 13:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。