2009年08月25日

バセドー病 絢香

皆さん、歌手の絢香(21)さんをご存知ですよね。

その絢香さんのライブが、22日、青森・つがる地球村円形劇場で開催予定だったそうなのですが、どうやら本人の体調不良のためキャンセルになったようです。

絢香さんはライブ当日、青森へ出発する前に持病のバセドー病が悪化し、都内で主治医が診察した結果、自宅療養となったとのことです。

今回キャンセルとなったライブの代替公演は本人の体調回復を待って協議するそうです。

絢香さんといえば、今年4月に結婚報告会見を行いましたよね。
俳優、水嶋ヒロ(25)さんとの結婚報告と同じく、その場で持病のバセドー病を告白し、歌手活動を今年いっぱいで休止することを発表していました。

しかし、「持病のバセドー病」とありますが、バセドー病とは一体どのような病気なのでしょうか?

バセドー病は、甲状腺臓器の特異性な自己免疫疾患のひとつで、1000人中2〜6人いると言われていて、女性患者が男性患者より5倍ほど多いことが特徴とされる病気です。

体質の変化により、自分の甲状線を異物とみなしてしまい、甲状腺の細胞の表面にあるTSHレセプターに対する自己抗体を産生してしまいます。
この自己抗体が甲状腺のTSHレセプターにくっつくと、常に甲状腺を刺激する為に、甲状腺ホルモンを作り続けるバセドー病になると考えられています。

その症状は多く、疲れやすかったり、体重の増減が激しかったり、顔つきや性格に異変が出たりと苦しいものです。

なかには、脱毛や皮膚に異常をきたす人もいるのだとか……。
絢香さんのファンの皆さんにすれば辛い状況ですが、早く元気になってほしいですね。
posted by しーさー at 14:02| 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。