2009年08月28日

日焼け止め 年中

この季節、実家に帰省や海水浴、プールなど出掛ける機会が多かったでしょう。
そんななか、皆さんはきちんと紫外線対策を怠らなかったでしょうか?

夏と言えば容赦なく降り注ぐ日差し、この季節は日焼け止めクリームが欠かせない……。
もうすぐ秋がやってきて少し過ごしやすい気温になってきたからといって、日焼け止めクリームを塗るのをやめる人も多いのでしょう。

しかし皆さん、それは大きな間違いですよ!
実は紫外線の量と気温はそれほど関係しておらず、もちろん夏は紫外線の量も多いのですが、春や秋だって紫外線は私たちの肌に実は襲い掛かっているのです。

意外なのが、春は夏よりも紫外線量が多いということ。
日焼け止めによって肌荒れを起こしやすいのも事実ですので、自分の肌に合った日焼け止めを選び、しっかり使って、しっかりクレンジングする事を忘れないようにすることも大切です。

結論から言うと、日焼け止めクリームを慌てて本夏に突入する際につけ始める人が多いですが、年中つけるのがベストです。
今やオゾン層が破壊され、紫外線の量は増え続ける一方。
曇りや、雨の日もつけることが大切ですし、まめに塗りなおすことも心がけましょう。

これも忘れがちなことですが、室内でも日に焼けるので、徹底したい場合は、なるべくカーテンを閉めるようにしなければいけません。

よく低いよりは高いほうが良いとSPFとPAの値を深く考えずに日焼け止めを選ぶ人がいますが、季節や天気によってSPFとPAの値を変えることはとても重要です。
無駄に高い数値のものを利用して肌に負担をかけることだけは避けるようにしましょう。
posted by しーさー at 12:55| 美容・コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。