2009年08月29日

内蔵型冷え性 チェック

皆さん、今ネット上でも話題になっている危険な冷え性があるってご存知でしょうか?

冷え性といえば、冬は足が冷えてなかなか眠れないなんて人が多いですよね。
実際に、女性の約7割は冷え性と言われているのですが、そんな冷え性のなかにも、放っておくと大変な冷え性があるのです!

その名もズバリ「内蔵型冷え性」です。
「内臓型冷え性」とは、読んで字のごとく内臓が冷えてしまうことです。

内臓が冷えるということは、内臓に十分な血液が届いていないということ。
血液が届かなければ内臓を動かすためのエネルギーも届かないということになってしまうため、本当に危険な状況なのです。

内臓冷え性によって内臓の動きが低下し、便秘や下痢、膀胱炎になりやすくなってしまうのだとか。

お腹が張っていて何だか辛い、お腹を触ってみたら、その冷たさにびっくり、なんて経験はありませんか?
もし覚えがあるようなら、あなたは内蔵型冷え性なのかもしれません。

ここで不安に思ったのなら、簡単に出来る内臓型冷え性チェックがあるので、早速試して見ましょう!

う思ったあなたは、簡単にチェックができますのでお試しください。内臓の温度を測るとよいそうです。

まず、10分間測定可能な体温計を用意して、10分間腋の下にはさんで普通どおりに測定します。
10分間腋の下にはさんでいると内臓の温度に近づくのだそうです。

結果、36.3度以下なら内臓型冷え性の可能性があるらしいので、注意が必要です。
不安な方は専門医に問い合わせてみるのが良いでしょう。
posted by しーさー at 11:20| 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。