2009年09月15日

課長の平均年収

心なしか少ないように感じる自分のお小遣い。
前回の記事では、サラリーマンの一ヶ月のお小遣いの平均額や、それに基づくサラリーマンたちの昼食代、理想のお小遣いなどの平均額を紹介しました。

お給料がUPしたからといって、お小遣いもUPするとは一概には言えませんが、やはりそれだけの収入がある人のなかには、お小遣いもそれなりの額をもらえている人がいそうな気がしますよね。

そこで、今回はお小遣いという枠にとらわれず、ストレートに「サラリーマンの平均年収」というものがどれくらいなのかを調べてみることにしました。

前回の記事でも言いましたが、あくまでも人様は人様です。
平均データにとらわれるのは良くないですが、気にならないということもありません。
参考にしてみる程度なら良いかもしれませんね。

調べてきて出てきたデータが少し古いものでしたが、国税庁統計情報によると、やはり年齢・性別によって、平均年収にまだまだ格差があるようです。

男性の平均年収に年功序列が見受けられ、女性はそれほどでもないのですが、全体的にどの年齢でも300万円弱であることが多いです。

それに比べて男性は、20〜24歳が280万円。
25〜29歳で388万円、30〜34歳で483万円。
35〜39歳で567万円、40〜44歳で627万円。
45〜49歳で668万円、50〜54歳で696万円とピークに上り詰めていました。

これを見れば、年齢的なことを踏まえて、課長がどれくらいもらっているのかなどが、ある程度は推測することもできてしまいますね。


TMC STAFF MORE モバイルチャットレディ
posted by しーさー at 11:11| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。