2009年09月22日

酒井法子 別荘

覚せい剤取締法違反(所持、使用)の罪で起訴された女優の酒井法子被告(38)、高相祐一被告(41)夫妻。

先日、この2人が保釈され、酒井法子被告による謝罪会見は世の中の注目を集めました。
当初カメラの前に立ったときには、着替えた服装、時折見せる笑顔などでやつれたといった感じなどは一切なく、若干「自分の中では踏ん切りがつきましたよ」と開き直っている風にしか見えませんでした。

事実、この謝罪に関して、世間からは「子どもへの謝罪がないのがおかしい」「どうして笑っていられる」などといった文句に近い声が挙げられていました。
実際、このようなことをしてしまったために、どのような謝罪をしようが文句を言われて当たり前のようなところはありますが、やはり好感を持ったという人は少ないようですね。

その後の会見では、打って変わったかのように涙を見せ、保釈後は病院にて息子と面会しました。
夫である高相被告も、現在は両親が住む実家で生活しており、息子に手紙を送っているものの、対面はまだしていないそうです。

ところで、そんな酒井被告夫妻が使っていた、千葉県勝浦市の別荘から先日20日、火災が発生しました。
1日が経過した21日には、大型連休「シルバーウイーク」の真っただ中とあって、現場には見物人やサーファーが詰め掛けていたようです。

木造平屋建ての別荘は、ほぼ全焼状態。
当時は無人だったはずだが、建物の中心部分の燃え方が激しく内部から出火した可能性が高いとみられており、千葉県警勝浦署は出火原因とともに、連続不審火の疑いもあるとみて調べを続けているそうです。

外壁がピンクだったため、「ピンクのドラッグハウス」と皮肉られて呼ばれていたそうですが……。
posted by しーさー at 13:47| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。