2009年09月26日

朝大学

資格や趣味、習い事など、自己啓発のための時間は誰しも有意義なものです。
しかし、仕事に追われる毎日で、そんなことするヒマすらないという人も多いのではないでしょうか。

家でもカンタンにできるという謳い文句に誘われて購入した教材なども、仕事から疲れて帰ってきたら、結局まったく手付かずのまま放置してしまっているということもあるハズ。

しかし、仕事疲れで家に帰ったとたん、寝てしまうならば、むしろ睡眠を重視し、翌朝早起きをして活動をするという方法があります。
朝の活動というと、誰しも乗り気にはなれないのかもしれませんが、一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

朝に特化したイベントが行われていることで有名な東京の丸の内。
今年の春からは「丸の内朝大学」がスタートしました。

ビジネスパーソン向けの市民大学が開かれ人気を集めているそうで、カリキュラムは学期ごとに異なりますが、マネー学部に心体学部、旅学部に美人学部など。
食学部には「究極のカレークラス」など、ジャンルを問わずに、多種多様の興味深いカリキュラムが設けられています。

朝から堅苦しい勉強はちょっとという人にもぴったりの講義ばかりで、むしろ講義が楽しみで早起きも苦ではなくなるかもしれませんね。

「早起きは三文の徳」なんて言われる理由のひとつに、朝が他の時間に比べて1時間の濃さが違うということ、視点の高さが違うということが挙げられます。

出社前の限られた時間となると、なんとしてもやり遂げなければという目標ができるため、特に濃い時間の過ごし方ができるのだそうです。

電話やメールなど外部からの雑音が入らないのは、案外、夜よりも朝です。
また、夜に活動をするとなると、食事や飲みの誘いなどコストもかかり、健康上も良くないですしね。
posted by しーさー at 13:33| 勉強・習い事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。