2009年09月30日

離婚 感情線 手相

皆さん、最近「人志松本の○○な話」においてKY手相などが紹介され、今ひそかに巷では手相ブームが到来しつつあることをご存知でしょうか?

このブログでも、KY手相の他にも様々な面白い手相を紹介してきましたが、今回も気になる手相を発見したので紹介したいと思います。
その名もズバリ「離婚線」です。

この手相がある人は、将来的に初めての結婚が、うまくいかないことを示しています。
もちろん、この手相があったからといって絶対そうなると決まったものではありませんし、所詮占いは占いですが、気になってしまうのも事実。

離婚線の見分け方は、左手の感情線に注目します。
感情線は小指の下から人差し指の付け根あたりまで左上がりに延びていますが、これが途中で切れてしまっている人は、離婚線の手相の持ち主です。

また、どの部分で感情線が切れているかによって、その結婚が上手くいかない理由が分かるとのことです。

たとえば、感情線が小指と薬指との間で切れている場合、そのうまくいかない原因は、本人のワガママである場合が多いのだとか。

他にも、中指の下で切れている場合、夫婦間の愛情は関係なく、何らかの運命的な事情により離婚しなければいけないことを示しています。

最初にも言いましたが、もちろんこの手相が見られたからといって確実に離婚する、初婚が上手くいかないと決まったワケでもないので、たとえ離婚線が見られたといっても、あまり深く考えないようにしたほうが良いかもしれません……。
posted by しーさー at 12:14| 占い・診断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。