2009年11月04日

ジョギング太り

最近は、特に朝晩は寒さが増してきましたが、澄み切った空気が気持ち良いですよね。

あの寒さのなか、ジャージに着替えて出掛けていくと考えると憂鬱になるジョギング。
ジョギングといえば、辛いなどといったネガティブなイメージを持たれがちですよね。

そんなネガティブなイメージを持っているものの、ジョギングを始めようと決意を固めている人に最も多い動機が「ダイエット」です。
もちろん、ジョギングをすることでダイエットができ、ダイエットすることで健康的になれるのであれば、十分な動機です。

そこで前回の記事で、ダイエットを目的とした場合のジョギングを行うタイミングについて紹介しました。

ですが、実はダイエット目的でジョギングを始めたものの、始める以前より体重が増加してしまったという人が数多く存在することをご存知でしょうか?

何故ジョギングを続けているのにも関わらず体重が増加してしまうのでしょうか。
気になったので、早速調べてみることにしました。

すると、圧倒的に多かった意見が「摂取カロリー<消費カロリー」を意識するべきというコメントでした。
勘違いされている方が多いようですが、運動するだけでは体重は減りません。

運動、つまりはジョギングをすることによってカロリーを幾分消費したところで、摂取カロリーが消費した分を上回っていた場合、痩せるなんてことはどう考えても有り得ませんよね?

以前より体重が増加してしまったという人たちは、ジョギングを続けているからという安心感から、以前以上に食事を摂るようになったのでしょう。

この考えはジムなどに通っている人も多く、「ダイエットしているから」という考えで食事を多めに摂ってしまう人があとをたたないようです……。
posted by しーさー at 18:27| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。